読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マエムキのココロ/前向きの心/まえむきのこころ

前向きな考え方があれば、あなたの人生は豊かになります。

【インフルエンザ2017】 1日目/カラダの中にマイクタイソンがやってきた。

前向きじゃないインフルエンザ

さて、ここからが悪夢の始まりです。

インフルエンザとの闘い1日目です。

 

 

 

午前中はなんともなかった。

この日は、通常通り仕事の日でした。

そのため、朝から身支度をしていつものように出勤しました。

いつもと変わらぬ通勤道。

職場について、いつものルーティン。

何も変わらず、仕事をしておりました。

 

唯一、いつもと違うことと言ったら同じ仕事をしてて、普段の時より疲れやすいかな。という程度。

まぁ、休み明けやしそんなもんだろう。と気に留めておりませんでした。

 

 

 

ついにその時、カラダの中にマイク・タイソンがやって来る

f:id:saifa-net-sub:20170202013536j:plain

マイク・タイソンは、世界一の敬愛するボクサーです。)

午後4時を過ぎた頃に、開始のゴングが鳴りました。

先制パンチは『頭痛』からやってきました。

奥にくるやつです。

普段、頭痛持ちではないので、ココでおかしいことに気づきました。

 

次にきたジャブは、『のどの痛み・関節痛・倦怠感』でした。

このレベルだといつもの風邪のような感覚で、まだ仕事を続けていました。

「昨日しっかり休めてなかったのかな?」程度です。

 

 その次に来た、まさかのアッパーが『寒気』です。

 明らかに自分ひとり、寒気を感じています。

周囲のひとに室温の具合を聞いても、誰しも問題はないという反応。

そして、カラダの芯から大きな波を打って襲ってくる悪寒。

この時点で、ダウン寸前の私の足元はもうフラフラでした。

 

留めのストレートが『吐き気』でした。

あの、「おえぇ…」ってなるタイプのやつです。(どれも同じですねw)

 

「もう限界です…。」

この連続攻撃により、私は見事に仕事のリングからアウトすることを判断しました。

自らの意思で、セコンドからタオルを投げ込みました。

とりあえず、仕事は定時で切り上げ、すぐに家路へと着きました。

結果は、TKO。 

 

 

 

夜、地獄の6時間。

「とにかく、すぐに休んで明日また具合が悪ければ病院へ行こう」と考えておりました。

※この時点では、まだインフルエンザ発症は明らかになっていません。

 

ただ、今回の症状を考慮し、インフルエンザの疑いを自らかけました。

それをふまえ、家族とは別の部屋で隔離された状態で床につきました。

 

寝間着を何枚も重ねたフル装備。

ベッドインします。

ふとんを何枚も重ねます。

目をつぶります。

しかし、ひどい頭痛からまず寝付けるわけがありません。

また、尋常ではない寒気に襲われ、何枚もの布団を着ていても寒いさむい。。。

我慢できずに、特製即席湯たんぽ(ペットボトルにお湯を注いだもの)を準備し、その温もりにしがみついておりました。

今回の件を踏まえ、きちんとしたコチラの湯たんぽを買うことにしました。。

備えあれば憂いなし。

立つ湯たんぽ 2.6L 袋付き オレンジ

 

 

そして、またひどい頭痛。頭が壊れそうなほど痛みが続きました。

あぁ、頭痛持ちの方はこんなにツライ思いをされてるのか…と共感しながらうなされてました。

間髪入れずにやってくるのが咳・吐き気のダブルパンチ

ダブルパンチの影響で、腹筋が筋肉痛?

そして、全身の関節の痛み。

 

もう眠れまっせん!!!

 

結局、ベッドインしたのは夜の10時ごろ。

寝付いたのはおそらく朝の4時ごろだったんだと思います。

地獄の6時間をそこで悶えながら過ごしました。

 

果たして、これは風邪なのだろうか

または、本当にインフルエンザなのだろうか

ひとまず明日の朝もひどければ、病院へすぐに行こう。。。