読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マエムキのココロ/前向きの心/まえむきのこころ

前向きな考え方があれば、あなたの人生は豊かになります。

【前向きな考え方】失敗と成功は経験の差

前向きな考え方

失敗したなぁ…と思うこと、最近ありましたか?

 

例えば

・相手にうまく想いを伝えられなかった…

・目標にしている結果を出すことができなかった…

・やりたいことがうまく成果に繋がらない…

 

失敗という漢字は

失い

敗れること

という2つの漢字のアタマを取り、「失敗」というコトバが成り立っています。

それは、物事にトライ・チャレンジし、その行動の結果として「失い」「敗れる」事を意味するのだと私は捉えております。

 

その為、何もしていない=失敗ではありません

何も物事にトライ・チャレンジしていない状態で

「うまくいかないなぁ…」と嘆くのは失敗ではありません。

何もしていないということは失敗よりも良くない事です。

 

 

 

失敗してからが本当のスタート

f:id:saifa-net-sub:20170127231232j:plain

教育や、企業の現場では「成功するためのイロハ」を徹底的に叩き込まれます。

一度失敗すると、一昔前はよく怒られたものですね。

(※これは、教育環境や現場環境にもよりますが)

 

「失敗をさせない=早く成功体験を積ませてあげたい」という教育者の想いが強かったのだと感じます。

たしかに、育成論の面から考えると、素晴らしい方法です。

成功体験で、自信が付きますからね。

 

ですが、本当にそうあるべきなのでしょうか?

 

私は失敗」と「成功」という「経験・体験」を「たくさん」持っている人こそ、成功するためのメソッド(=方法)を蓄積しているスーパーマンだと考えています。

 

※前提として「本気で物事を計画し、トライ・チャレンジして成功・失敗を経験し、その結果を検証してきた回数」を、本当の「経験」と言います。

 

スーパーマンなら、自身の経験から、成功へつなげる為のノウハウをたくさん持っています。

・以前は、こう進んだからこうしたほうが効率が上がるな

・このような場合は、こうすべきだった

・ここから失敗したから、今回はこの方法でやってみよう

明らかに成功ルートしか体験していない人よりも、知識や経験が豊富な分、成功する為の決断をハッキリ行うことが出来ます。

 

「成功」と「失敗」を「たくさん経験」している人こそ、成功へ導くことが出来る真のリーダーなのです。

 

失敗したから、ダメなのではありません。

失敗という「経験」をポジティブに捉え、

「成功」への経験として捉えるに留めて良いのです。

失敗を重ねてきた人は

成功のみを知る人より

何倍も、その後に大きな成果を出すことができます。

ただし、一番良くないことは失敗した後に「何もやらない」「投げ出す」「諦める」という行動に出ることです。

 

 

失敗してからが本当のスタートです。

 

 

 

成功へつなげる為に

社会に出ると、「正解」が無い場面に直面することが多いですね。

自分で正解を見定め、決断する」機会がとても多くあります。

 そこで、判断基準となるのが先程述べた失敗」と「成功」の「経験」の差なのです。

 

どのような方法や手段で、成功へ導くかはその「経験」に基づいて実行されることが大半です。

私が、真にリーダーだと認め、優れた人物だと考える評価対象は

失敗」と「成功」の「経験」をどれほど蓄積しているかどうかです。

 

例えば、あなたの周りでもこのような方はいないでしょうか?

・失敗するのが怖いから出来ない…

・相手に何か、思われるのが嫌だから出来ない…

・どんな風に実行すればよいかわからない…

どんなに、失敗が怖いと感じても、それは人として当たり前の感情なので、しょうがないです。

しかし、だからといって、何も行動に移さないままでは一歩も前に進むことはあり得ません。

 

成功へつなげる為には、失敗」と「成功」の「経験」を積むために、あなたがどれだけ勇気を出して行動を移すかが大切なのです。

 

 

過去は今に繋がっています

しかし、未来は過去と繋がりはありません。

未来と繋がっているのは

唯一、「今」なのです。

未来の為に「今」行動を起こさなくては

「未来」を変えることはできないのです。