読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マエムキのココロ/前向きの心/まえむきのこころ

前向きな考え方があれば、あなたの人生は豊かになります。

【つらいときにやるべきこと】前に進む為に

前向きな考え方

つらいことに直面したとき、皆さんはどのような行動をとりますか?

 

マエムキのココロを持ち、ツラい気持ちを克服すれば、その先には明るい考えや出来事が必ず待っています。

ぜひ、皆様がマエムキになれるよう、まとめてみます。

 

f:id:saifa-net-sub:20170122173959j:plain

 

ツラい思いを考えるタイムリミットを設ける

ツラいのは数分だけ」と割り切るということです。

ツラいことが起きたのは事実であり、その時点で過去のことなのです。

しかし、時間を元に戻すことはできません。

生きている間、時間は常に進行しています。

ツラい思いをずっと抱えている間も時間は進行しています。

私たちは、いつでも前進していくことで成長するのです。

ツラいのは確かです。

ですが、ココで思い切って『つらい時間は数分だけ。』と割り切り、前を向きましょう。

 

 

 

感情を紙に書きだす

ツラい感情を客観的視点で見つめなおし、自分の気持ちのリセットボタンを押すということです。

 まずは、紙とペンを準備します。(スマホのメモ機能でも良いです。)

そして、今抱えているツラい思いを書き殴ります。

出来る限りカテゴリで分け、箇条書きで書き殴っていきます。

とにかく書き殴ります。

書きまくります。

 

そして、一度ペンの手を止めて、深呼吸をします。

大きく、深く息を吸って…

息を吐いて…。

 

さぁ、ここからです。

キモチを書き殴ったメモを、客観的な視点で見つめなおします。

この時点で少し冷静になれていれば、ココロの整理は早いです。

この時点でまだ冷静になれていなくても、安心してください。

 

次に、なぜこのようなキモチになっているのか。

その背景・理由を考えます。

さらに、カテゴリごとに「私の力で解決できること」「私の力では解決できないこと」に分類します。

 

私の力で解決できる分類には、解決する為に必要なことをその隣につづります。

私の力で解決できない分類は、ココロを整理します。「良い意味で諦めよう」と。

 

ここまでの流れで、既に冷静なあなたは取り戻せました。

なぜなら、その出来事に対して次のココロのアクションが動き出しているからです。

もう、将来に目を向けることが出来ています。

 

それでは、最後に

私の力で解決できる分類は未来の自分のために、ゆっくり行動に移していきましょう。

私の力で解決できない分類は良い意味で諦めましょう。ゆっくり考えていきましょう。もし、どうしても納得がいかない場合は、何か解決の糸口があるはずです。周囲の方に相談を持ち掛けましょう。

 

 

 

ツラい思いを周囲に吐き出すこと

f:id:saifa-net-sub:20170122175552j:plain

ツラい思いがいっぱいになると、キモチが不安定になり、冷静な判断ができないことがあります。

例えるなら、人のココロは一杯のコップです。

コップは水がいっぱいになると溢れてしまいますよね。

人のココロはつらい感情がココロいっぱいになると溢れてしまいます。

その結果、涙が溢れたり、冷静な判断が出来なくなるのです。

 

ツラい思いが溢れる前に、周囲にツラい思いを打ち明けましょう。

相手もコップを持っています。

自分のツラい思いを相手に移していくイメージです。

(安心してください。相手に移すときにはすべての水が移るわけではなく、移している途中でろ過されていきます。また、途中で水はうまく移らずいくつかこぼれていきますので。)

決して、相手にツラさが100%移行されるわけではありません。

 

周囲にツラい思いを打ち明けることが出来れば、あなたの気持ちは軽くなり、肩の荷がおります。

一人で解決できない問題の場合や、ツラくてどうしても前に進めないとき、そんな時にあなたの話を親身に聞いてくれる相手は必ずいます。

その方に話を打ち明ければ、コップに空きができ、そこにマエムキのココロを足していくことが大切です。

 

 

 

「すみません」ではなく「ありがとう」に言い換える

あなたのコトバは周りの方に大きな影響を与えます。

「すみません」という言葉を「ありがとう」と言うことで、自分も周囲も明るい気持ちになります。

「すみません」という言葉は、「すみませんが、○○よろしいですか?」のように相手に申し立てる際につかう言葉です。

しかし、「○○してすみませんでした」という謝罪の意もあります。

こちらに非がある場合は「すみません」という謝罪の言葉をきっちり伝えることが大切です。

ですが、相手に申し立てをする際は意識して

「すみません」ではなく

○○してくれて、ありがとう」と言い換えてみましょう。

 

ツラい時こそ『ありがとう』という言葉が、自分も相手もマエムキにしてくれる魔法のコトバです。

 

 

どんなにツラいことがあっても、マエムキのココロがあれば、きっと皆様の明るい未来が待っています。

ツラいことの後には、必ず嬉しいことが待っていますよ。